NEWS

2022.06.17

EVENT

<イベントレポート> 堀米雄斗選手と未来のエネルギーについて考える

~未来の地球のために自分たちがチャレンジすること~

グリーンテックを推進し、グリーンエネルギーが地域をめぐるサスティナブルな世界の実現を目指す株式会社アイ・グリッド・ソリューションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:秋田 智一、以下「アイグリッド」)は、2022年6月16日(木)に堀米雄斗選手と共に「いままでとこれから」というテーマで未来のエネルギーについて語るイベントを開催しました。

 

 

環境に配慮した行動をすることが当たり前になっていると語った堀米雄斗選手

イベントでは、堀米選手の未来の目標や、環境・エネルギーの課題などについてトークショーを行いました。また、会場に設置されたスケートボードランプでは、キッズスケーターと堀米選手がスケートボードセッションを行いました。

 

今回のイベントは、1月よりアイグリッドのイメージキャラクターとして就任した堀米選手と共に未来について考える場にしたいと企画されました。堀米選手の初の自伝フォトエッセイである「いままでとこれから」という本のタイトルになぞらえて、堀米選手が感じている自分自身のこれからや未来の地球などについて考えるイベントとなりました。

 

使用されたスケートボードランプは一部廃材を活用し、イベント終了後はスケートボードパークへの寄付が決定しています。また、本イベント開催に伴う使用電力のCO2排出量は、アイグリッドグループが発行するグリーン電力証書によりカーボンオフセット致します。

 

トークショーでは、アメリカに移住して5年となる堀米選手が、「アメリカでは環境に配慮した友人が多いので、自分もストローは紙のものを選択したり環境にやさしい行動をしたりすることが当たり前になっていますね」と語りました。とくに、日常では電気自動車に乗っているという堀米選手。それも、環境への意識が高い友人からの勧めだったと紹介しました。

 

 

また、秋田から、「せっかく電気自動車に乗っているのであれば、自宅にソーラーパネルを設置して、そこで作られた再生可能エネルギーで充電をしたらもっといいよ」とのアドバイスがあり、「それができたら最高ですね」と笑顔で答えました。そんな堀米選手に、「温暖化が進んでしまうとどんどん暑くなっていってしまい、パークでパフォーマンスするのも大変になってしまうと思う。グリーンエネルギー化することでこれからの地球を守ることができることを、堀米選手からたくさん発信していってほしい」と秋田が後押しし、いつか太陽光パネルでパークをつくりたいという未来にも繋がりました。

 

 

今回のイベントを通じて、日常であまり感じることのない未来のエネルギーについて、環境問題とエネルギーがどう関わっているのか、どのような課題があるのか、未来にはどう影響するのかなど考える場となり、堀米選手を通じて多くの方に伝えていくことができたのではないかと思います。アイグリッドのビジョンでもある「グリーンエネルギーがめぐる世界の実現」に向けて今後もさまざまな活動を通じて再生可能エネルギーを推進してまいります。

 

株式会社アイ・グリッド・ソリューションズについて

アイ・グリッド・ソリューションズは、仮想発電所(VPP)事業、エネルギーマネジメント事業、電力供給事業を通した脱炭素ソリューションを統合的に展開するエネルギーサービスプロバイダー。グリーンテックを推進し、グリーンエネルギーが地域をめぐるサスティナブルな世界の実現を目指します。

 

プレスリリースのpdfはこちら

CATEGORY

Close Bitnami banner
Bitnami