NEWS

2022.04.22

RELEASE

生鮮館なかむら全店舗の運営に再生可能エネルギー 「スマ電CO2ゼロ」を導入  スーパー来店顧客への再エネ電力プランも販売開始

~店舗もお客さまも再エネ。広げよう地域の脱炭素~

グリーンテックを推進し、グリーンエネルギーが地域をめぐるサスティナブルな世界の実現を目指す株式会社アイ・グリッド・ソリューションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:秋田 智一、以下「アイグリッド」)は、京都市内北エリアを中心に10店舗でスーパーマーケットを展開する株式会社なかむら(本社:京都市左京区、代表取締役:中村 友則、以下「生鮮館なかむら」)で2022年1月より「スマ電CO2ゼロ」の供給を開始いたしました。そして、4月22日(金)より、店舗での来店客への「スマ電CO2ゼロ」の販売を開始いたします。

 

◆地域密着のスーパーマーケットから脱炭素社会を促進

「生鮮館なかむら」は、京都市内北エリアを中心に、10店舗のスーパーマーケットをチェーン展開しており、1月より全店舗※で、アイグリッドが提供する再生可能エネルギー100%の電力に切り替えました。これにより、1年間で一般家庭1,000世帯相当のCO2排出量にあたる1,400トンの削減になります。(※テナント店舗(1店舗)を除く)

 

京都府は、京都議定書誕生の地として先進的な地球温暖化対策に取り組んでおり、2050年までのカーボンニュートラルを表明しています。こうした地で生鮮館なかむらは地域密着のスーパーマーケットとして地域の生活を支えており、更なる地域貢献の一つとして再エネ電力への切り替えと至りました。

 

 

また、脱炭素への対策は社会課題となっている中で、地域住民と身近な繋がりを持つスーパーマーケットとして環境に良いことを広めていきたいと考え、アースデイ(地球の日)である4月22日より、来店されるお客さまへ「スマ電CO2ゼロ」の販売を行うこととなりました。

 

 

さらに、生鮮館なかむらでお申込をされるともれなくお買い物10%OFFクーポン券をプレゼント。スーパーマーケットに足を運んだタイミングで、再エネ電力を通じて環境への意識を高めてもらうきっかけになればと考えています。

 


 

【店頭でのポスター掲示等により積極的に情報発信】

 

 

 

 

<「スマ電CO2ゼロ」について>

「スマ電CO2ゼロ」は、アイグリッドグループで運営する非FITの再生可能エネルギーの調達や再生可能エネルギー指定の非化石証書を組み合わせることにより実質的に再生可能エネルギー比率100%かつCO2排出量ゼロとなる電気です。

 

アイグリッドの子会社であるVPP Japan、アイグリッド・ラボと共同で非FITの再生可能エネルギーの調達及び最適な需給調整を行い、環境に良いだけでなく、経済性にも配慮しています。

 

 

 

・実質再生可能エネルギー100%、CO2排出量がゼロ

ご契約後は、マイページ上で電気使用量に応じたCO2排出削減量が表示され環境貢献が実感いただけます。

・ 基本料金は0円、日中の料金は他の時間帯より割安

固定の基本料金はなく、電気使用量に応じた料金のみお支払いいただきます。太陽光発電が稼働する9時~15時の時間帯の電力量料金は他の時間帯より1kWhあたりの単価が約10%割安となります。

 

 

 

 

株式会社アイ・グリッド・ソリューションズについて

アイ・グリッド・ソリューションズは、仮想発電所(VPP)事業、エネルギーマネジメント事業、電力供給事業を通した脱炭素ソリューションを統合的に展開するエネルギーサービスプロバイダー。

グリーンテックを推進し、グリーンエネルギーが地域をめぐるサスティナブルな世界の実現を目指します。

  • 社名: 株式会社 アイ・グリッド・ソリューションズ
  • 本社所在地:〒102-0083東京都千代田区麹町3-7-4
  • 代表者:代表取締役社長 秋田 智一
  • 資本金:5,023百万円(2021年11月時点)※資本剰余金含む
  • 従業員:100名
  • 設立:2004年 2月
  • 会社HP:https://www.igrid.co.jp/
  • オウンドメディア「グリラボ」:https://gurilabo.igrid.co.jp/

 

プレスリリースpdfはこちら

CATEGORY

Close Bitnami banner
Bitnami