社員インタビュー

阪井 遼

IT戦略部

2018年中途入社

社会を豊かにする仕事に
挑戦し続ける

入社のきっかけ・決め手

理論的・学術的な概念でしかないと思っていたVPP(仮想発電所)を、今後事業化していくと真面目に求人票の中で語っていたことがきっかけで、アイ・グリッドに興味を持ちました。大規模インフラ企業とは異なり、アイ・グリッドのビジネスは、スピード感を持って事業として動かしながらブラッシュアップしていくアプローチで大きくなってきました。社会や国を豊かにする仕事がしたいと考えていた中で、この会社なら自ら社会を豊かにしているという実感を持ちながら仕事をできるのではないかと感じ、入社を決めました。

仕事で大切にしていること

入社してすぐにエネルギーマネジメントシステム「エナッジ」の開発チームに入り、プロジェクトのスタート時から関わってきました。社内でも前例のないサービスをつくるプロジェクトだったため、経営メンバー直下とはいえ、仕事を教わるのではなく自分で挑戦していくことが必要でした。“Bend, but don’t break”(曲げられても決して折れるな)と“The virtue lies in endeavor”(美徳は努力にあり)が私のモットーであり、仕事においては、結果はどうあれ喰らいついてやり続けることに価値があると考えています。努力し続ける、考え続ける姿勢を保つことが、チャレンジングな環境で仕事をすることにも活きています。

挑戦していること

「エナッジ」の商品企画・企画開発に携わり、現在は「より効果的なエネマネができるシステム」、「エネマネ以外にもお客様が抱えるペインを解消するシステム」へと進化させ、様々な業種のお客様に使っていただけるシステムにしていこうとしています。お客様のメリットを考えながら新たな機能や価値を追加していくことは非常に面白く、営業担当を通してお客様の喜ぶ声を聞けた時には、社内外どちらにとっても良いモノをつくることができたという達成感を感じることができます。

アイ・グリッドで活躍する人・環境

アイ・グリッドはビジネスのスピード感がある会社です。常に新しい事業が生まれ変化し続ける会社なので、当事者意識のある人であれば、やりたいことをやらせてもらえる環境だと思います。私も入社して2年ですが、仕事を任せてもらい、そのスピード感の中でチャレンジをさせてもらっています。周囲を見渡しても、何事も自分ごととして捉えて、自分のタスク、チームの目標、会社の方向性、といった形で抽象度を上げて考えられるような人が活躍している印象です。また、会社の経営メンバーのすぐ近くで働ける規模感で、自分の成長の指針となる人が身近にいる環境であることも魅力の一つだと思います。

社員インタビュー

Close Bitnami banner
Bitnami