社員インタビュー

百崎 圭祐

株式会社VPP Japan
開発推進部

2018年中途入社

自らの領域を広げ
再生可能エネルギーの普及に挑む

入社のきっかけ・決め手

元々再エネ業界で太陽光発電の開発・メンテナンスに従事していました。FIT制度により、業界の主流は投資目的、より多く売ることを目的とした太陽光発電所建設でしたが、買取単価の値下がりも重なり、今後の再エネ業界の流れに懸念を抱いていました。その中でも、アイ・グリッドは本来目的での再エネのあり方を追求する姿勢であったことが入社の決め手でした。クリーンエネルギーを広く普及させていこうという姿勢、発電したその場で使ってもらうという「ユーザー目線」の発想、太陽光発電の普及と導入企業のイメージ向上というメリット。そこに未来があると感じました。

仕事で大切にしていること

太陽光事業の技術職として入社し、現在は現場の施工管理や、発注者として工事業者とのやり取りに携わっています。日頃から技術者としての軸を大切にしていますが、営業から技術への業務の受け渡しがなかなか難しいことが前職でも少なくなかったことから、営業の仕事も理解した上で技術者として仕事をしたいと考えていました。その中でVPPの営業を担当させてもらえる機会をいただき、そこで得た経験を活かし、今度は営業を経験した技術者となることで、営業と技術の間の架け橋になれると考えています。チームメンバーそれぞれの業務への理解を深め、技術者としての守備範囲を広げることで、チームとしてもより機能していくと思います。

挑戦していること

VPP Japanではオフグリッド電力供給サービスを展開しており、私は導入する施設の屋根や電気設備の状況といった現場調査を行い、工事業者やお客様の声を聞いて、その悩みや課題を技術者として解決しています。そうしてゼロからつくり上げたものが、お客様の電気代削減という目に見える数字に繋がることは面白く、やりがいがあります。太陽光で発電したクリーンな電力をお客様の施設で使っていただくことで、再生可能エネルギーの普及に努めていきます。

アイ・グリッドで活躍する人・環境

アイ・グリッドの人は、誠実に真剣に仕事に取り組む人ばかりです。一つの問題にきちんと取り組み、よく勉強もする。中でも、しっかりとオン・オフを大事にできる人が活躍しています。オフを大切にするために仕事の効率を高めたり、学ぶための時間を自ら作り出したり、といったことができる人です。アイ・グリッドはお客様の視点に立ち、そのゴールに一緒に向かうことを大切にする会社です。そのために必要な営業の心得を学ぶ研修等もあり、技術者であっても、「お客様中心のモノづくり」には営業のお客様視点が必要であると学ぶことができました。自ら学ぼうとする姿勢を持っていれば、学ぶ機会は多くある環境だと思います。

社員インタビュー

Close Bitnami banner
Bitnami