VPP関連事業

エネルギーをネットワークする

エネルギー自給率の課題を抱える日本では、コントロール出来ない外的要因による電力コストの変動・高騰リスクや再エネ賦課金の上昇が大きな経営課題となっており、エネルギーリスクを低減する新たな電源創出が必要とされています。また、気候変動問題への対応が急務とされる中、CO2の削減、CO2を排出しないエネルギーの普及は必須。さらに、気候変動による災害リスクの増大を受け、災害停電時にも使用できる電源の需要が高まっています。
アイ・グリッド・ソリューションズのグループ会社であるVPPJapanでは、全国の流通・サービス店舗等の建物屋根に自家消費型太陽光発電所(オフグリッド発電所)を建設し、「安価・安定・100%クリーン」な電力を供給しています。日本国内のクリーンエネルギー転換を推進していくとともに、将来的にはEV充電、蓄電ソリューションを組み合わせ、災害にも強い持続可能な分散型エネルギープラットフォーム(VPP※)の構築を目指します。

※ Virtual Power Plant(バーチャル・パワー・プラント):点在する小規模な再エネ発電や蓄電池等の設備と、電力の需要を管理するネットワーク・システムをまとめて最適制御すること

オフグリッド
電力供給サービス

投資負担無しで施設屋根にオフグリッド発電所を導入し、発電した電力を施設に直接供給。系統電力より安価に供給することで、電力コスト削減を実現します。平常時は「電力コスト・CO2削減」、災害時には「BCP対策としての電力利用」が可能です。

設置イメージ

R-EV充電ステーション
SOLA

お問い合せ・資料請求

施設で発電した太陽光電力を電源としたR-EVステーション「SOLA」。設備・運用費用なしで来店されたお客様にクリーンなEV充電サービスを提供する事を可能にします。将来的にはSOLAを電源としたEVによる宅配スーパーなど、クリーンエネルギーでヒトとモノの移動を循環させる持続可能な地域モビリティサービスへの発展を目指しています。

設置イメージ

Close Bitnami banner
Bitnami