会社情報

  • 会社概要
  • 事業領域・ビジョン
  • アクセスマップ
  • メディア掲載情報
  • ニュース一覧
  • 主な受賞歴
  • セミナー講演

事業領域・ビジョン

私たちは電力エネルギー需要の最適化『eDCM』を推進します。

energy Demand Chain Management

eDCMとは?

川下から川上へ。
電力需要の連鎖に着目し最適化を促進します。

2014年4月11日に策定された我が国の「エネルギー基本計画」の第2章第1節「エネルギー政策の原則と改革の視点」では次のように謳われています。

「エネルギーの政策の推進に当たっては、生産・調達から流通・消費までのエネルギーサプライチェーン全体を俯瞰し、基本的な視点を明確にして中長期に取り組んでいくことが重要である」「供給構造の構成が、需要動向の変化に対して柔軟に対応するならば、多層的に構成された供給構造の安定性がより効果的に発揮されることにもつながる」

今後、電力・ガス等のエネルギーもコモディティ化された「商品」になって行くとするならば、この生産・調達から流通・消費までのトータルエネルギーマネジメントは、最終需要者の需要動向視点が重要となり、サプライチェーン・マネジメント(SCM)ではなく、デマンドチェーン・マネジメント(DCM)であるべきでしょう。

(株)アイ・グリッド・ソリューションズは、この未来の姿を見据えて、エネルギーのデマンドチェーン・マネジメント(eDCM)を提唱し、「川上から川下へ」ではなく、「川下から川上へ」向かってのエネルギー需要の連鎖に注目し、その最適化の実現を事業戦略の基幹におくべきと考えています。かつて小売流通界においては、革新的な先人たちがデマンドサイドのマネジメントに向かってスタートし今日の姿があるように、我々もエネルギー分野における理想に向けスタートしています。

  • 会社概要
  • 事業領域・ビジョン
  • アクセスマップ
  • メディア掲載情報
  • ニュース一覧
  • 主な受賞歴
  • セミナー講演
お電話でのお問い合わせ 03-3230-1280
お問い合わせフォーム
資料請求フォーム